« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月25日 (火)

交配から11日目

Hoo

いつものように、お気に入りの椅子の上で寝る
フーラ(*^^*)
様子は、いつもとあまり変わりません。

受精が成功した場合、受精卵は細胞分裂をくり返し、
胚とよばれる組織体になります。

胚は、交配後10日ころに卵管から子宮角へ移動し、
交配2週間後までに、胎子は子宮角の中に各自の場所に
落ち着くそうです。

妊娠初期から2〜3週間後、犬の行動や外見に大きな
変化が見られるそうです。

あと3日後、28日に最初の交尾から2週間目になります。

楽しみなような、不安なような〜(^_^;;

| | コメント (0)

2007年9月22日 (土)

最初の交尾から8日目

Hoo

愛犬の交配させたことがある友人のブログを見て
お腹と乳首の様子を画像で記録しておくのは良いな、と思い
まねっこしました(^^)

フーの様子は、そんなに変わりません。
友人は、大人しくなったと言うけれど、
私はそれほど感じないのですが・・・

お腹の様子は、乳首の状態も、
あまり変わってないように思います。


| | コメント (0)

2007年9月19日 (水)

交配 無事おわりました

Hoo

我が家のシュナは、全員 ケンネルエイトからきました。
千野氏が作り出す シュナに、惚れ込んでいるからです(*^^*)

このたびの交配は、シュナを作り続けて40ウン年の彼の指導のもと
彼のところにいる、ロビンくんと交配をお願いしました。

ロビンは、明るくて元気な性格で、足が長く、とても美しい犬です。
フーは足が短いので(^_^;; そういう意味でも、とても相性が
良いと思うのですが〜

ロビンは、足が長いため、交尾がとても上手だそうです。
プライドも高いようで、人間が手伝おうとすると ヘソを曲げちゃう
らしいです!
ですので、手助けナシの交配だったそうです☆
なかなか、頼もしいです、婿どの!(^o^)

さて、交配は無事すみましたが、授かるかどうかは別のお話。
師匠(千野氏)からのアドバイスは、

・お産は病気ではないので、普段通り生活すること
・子犬の予約はとらないこと(笑
・レントゲンやエコーで子犬の数をかぞえようなんてしないこと

授かったかどうかわかるのは、お腹が大きくなるよりも
乳首の状態だそうです。
毎日乳首、観察しています(^^ゞ

お腹に命が宿ってから生まれてくるまでに 63日
予定日は、11月18日あたり。

小潮が3日続くので、ちょっと心配です(・ ・ ;;

| | コメント (0)

2007年9月 7日 (金)

いよいよ!

Hoolatop

まだまだ子犬だと思っていたフーラ 2才に
9月3日、4度目の生理がきました。

今回は、交配させる予定です。
昨日、ブリーダーと打ち合わせをしました☆

お婿さんは、足が長くて美しい(フー、足短いので(^_^;;)
B&Sの ロビン王子
明るくて元気で、 お目々がキラキラ丸あるくてハンサムです☆

健康な母犬になれるかどうか、
とりあえず、健康診断しておかなくては、ですね。
明日、病院連れて行きま〜す

交配させる理由は、犬のしつけの仕事をする立場として
子犬育ては 絶対に見ておくべきだと考えるからです。

交配に関しては、長年お世話になっている、
私が絶大なる信頼をしている、ケンネルエイトのC氏に
ご指導をいただきます。

子犬の行き先は、ほぼ決まっています。
”ドッグトレーナー”の名に恥じぬよう、
生まれた子犬すべて、必ず幸せにしますo(^_^)o


※基本的姿勢として、プロによる指導がない素人繁殖には反対です

| | コメント (0)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »