« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006年2月28日 (火)

聖戦は続く・・・

hoosofa


3日前にベッドに粗相をされてから、
フーには少し冷たくしていました。
私の態度の変化に気づいたのか、フーも
私のそばにあまり近寄ってきませんでした。
ハウスに入れる時間も増やしました。

なのに・・・

夕べまたやられました(=_=)
フーラ 10ヶ月、目立つ反抗はないのですが、
地味なアピールはあるようです。

上3頭のオスたち(正確にはオカマたち)は、
この悩みはまったくなかったのですが、やはり
私の「αメス」のポジションを意識しているのでしょうか・・

メスを飼う場合には、オスとは違った難しさがあるように
感じているのは、私だけでしょうか!?!?

(*画像は、私が脱ぎ捨てた(^_^;;服を意識しているのか
  いないのか、うずくまって反省?しているフリ・をする
  フーラ(・・; )


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月25日 (土)

やられた!!!

hooinbag

最近落ち着いてきたな〜、と思って
ちょっと一緒に寝たりしていました。たしかに・・・

ギュっと抱きしめたり、ひざに乗せたり、
なでまわしたり、いじくり過ぎた感じもします・・・

だって、良い子になった「気がした」ので、
余計にかわいかったんです・・・

で、

やられました!!!(`з´)

ベッドの枕のそばに、大きな地図が・・・

夕べは、フーラのハウスだけ寝室から出しました。
今日は、あまりハウスから出してやらない予定です(=_=)
しばらく、気をひきしめなおす必要があるかもしれません。

揺れ動く思春期を、甘く見ていました・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月18日 (土)

食べられた!?

hooplant


デスクで仕事をしていたときに、
アクセルが足下に来て、なぜか震えていました。
どうしたんだろう、と最初はあまり気にとめずに
そのまま仕事を続けていたのですが、どうやら隣の部屋の
様子がおかしい・・・

あーーーーーっ!

先日買ってきたミニ観葉植物が、無惨な姿に!(*_*)
葉っぱがすべて食べられておりました・・・

犯人は、おヒゲが汚れていたやつです(=_=)

反省

してるんでしょうか・・・


| | コメント (0)

2006年2月16日 (木)

フーラよけ

hoogreen


観葉植物の土をどうしてもフーラがいたずらするので、
100均で、石ころを買ってきて敷き詰めてみました。

さすがに手が出ないようです(^_^;;

ビジュアル的にもステキになりました(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月14日 (火)

反省?

hoo


生理も完全に終わった様子です。
フーラは、明らかに大人になっているように感じます。

今までは「メスの方が飼いやすいなんて、誰が言ったのかしら!?」
と思うほどお転婆フーラでしたが、最近、聞き分けというか、落ち着きが
でてきたように思います。

相変わらずいたずら好きですが、叱られると「こんな顔」をするように
なりました。

「だまされないように、ご注意を!」

そんな声が聞こえてきそうですが・・・(^_^;;
今日のいたずらの対象は、昨日買ってきた
観葉植物の葉っぱと鉢の中の土です(=_=)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年2月 5日 (日)

フーラの変化

hootrim

フーラの生理もそろそろ終わりそうです。
出血はほとんどなくなり、陰部も小さく?なってきました。
そして、フーラ様子に変化が!

先日、初めて私が自らトリミングをしたのですが、
お転婆フーのこと、さぞ暴れるだろうな〜と思っていたら・・・

とても大人しかったんです(^_^;;
なんだか拍子抜けしちゃいました〜

顔やお尻など、普通はとても嫌がるのに、じーっと
我慢していました(*^_^*)
爪切りも、全然抵抗しませんでした!
もっとも、初めてなので爪先をほんの少しだけしか
切りませんでしたが・・

アクセルは今でも耳あたりをとても嫌がります(=_=)
爪切りは大暴れなので、馬乗りになって押さえつけます。

フーの、群の中での様子も変わったように思います。
特にロックとの関係でしょうか。
大人になって、ロックの威厳、ランクをさらに意識している
ようで、またロックも、フーラを一人前と認めたのでしょうか
時には厳しく制したりします。

結局、生理を迎え、ちょっぴり大人の分別がでてきた
という感じでしょうか。
ますます可愛いです〜(*^_^*)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »